妊娠した後はどんな食事をすればいいの?注意しなければいけない点とは

妊娠後の食事は一体どうやって行っていくべきなのか、悩んでしまったことはありませんか?

妊娠中の食事で避けた方が良い食べ物や飲み物があることは、意外と知られていないもの。

そこで何も知らないまま普段通りの食事をし、そのせいで赤ちゃんに悪影響を与えてしまったら、きっと大きく後悔してしまいますよね。

今回はそうしたリスクを避けるためにも、妊娠に良い食事と悪い食事をそれぞれで分けてご紹介していきたいと思います。

あなたも知らないうちに悪い食事方法を取ってしまっていないか、ここでチェックしてみてくださいね。

妊娠した時に食事で避けなければいけないものはある?

それではさっそく、妊娠している時に食事から取り入れるのを避けた方が良い食べ物や飲み物にはどんなものがあるのかお伝えしていきます。

もしも妊娠中にこれらの飲食物を摂取してしまっていた場合は、注意が必要ですよ。

アルコール

まず、妊娠時に注意してほしい飲み物がアルコールを含んだお酒です。

母体の胎盤から必要な栄養を摂り入れている赤ちゃんは、それがアルコールであっても同じように摂取してしまうのです。

そのため肝臓でアルコールを分解する働きがまだ未発達の赤ちゃんにはかなりの負担となり、障害を持って産まれてしまうリスクが高まります。

ですから妊娠中のアルコール摂取はなるべく避けた方が良いでしょう。

カフェイン

カフェインが含まれる飲み物には、コーヒーやお茶(紅茶・緑茶・烏龍茶)などがあります。

そしてそれらの飲み物から摂取したカフェインは、アルコールと同様に赤ちゃんへ送り届けられてしまうのです。

カフェインを体外へ上手く排出することができない赤ちゃんの体にはどんどんカフェインが蓄積していき、良い状態とは言えない状況になってしまいます。

妊娠中も、お腹の中では赤ちゃんに快適に過ごしてほしいと望んでいるお母さんは多いのではありませんか?

そうしたことを考えても、カフェインの摂取はできるだけ抑えるようにしましょう。

生肉

生肉には、哺乳類に付着することの多い寄生虫が付いていることがあります。

そしてそのような生肉を調理せずに食べてしまうと、赤ちゃんがお腹の中で感染してしまう危険があるのです。

それによって先天性の障害を持って生まれてきてしまう可能性があるので、できれば生肉ではなくちゃんと焼いたり調理をしたりしてから食べるようにしましょう。

例え生肉の状態で食べられるものであっても、妊娠中のリスクを考えてなるべく食べないようにしてみてくださいね。

魚介類

妊娠中は免疫力が下がり、食中毒を引き起こす可能性が通常よりも高くなってしまいます。

そこで魚介類を食べると、食中毒にかかってしまう場合があるのです。

特に牡蠣などの貝類にはノロウイルスが含まれていることもあり、感染すると下痢や発熱などの症状が現れてしまいます。

感染して起きた症状で、赤ちゃんに悪影響を与えるわけにはいきませんよね。

そのため妊娠中に魚介類を食べる場合は生のまま食べるのではなく、料理をしてから食べるようにしてみましょう。

生卵

卵の殻には食中毒を起こす細菌が付いていることがあり、感染すると嘔吐や下痢などの症状を発症してしまいます。

そしてその症状のせいで、どれだけ大切に育てていきたいと願っていても、流産してしまうことがあるのです。

出産を望むお母さんにとって、流産はあまり想像したくないことではありませんか?

ですから調理後の卵だけを食べるようにすると、安全にお腹の赤ちゃんを育てていくことができますよ。

妊娠が分かったら食事で取り入れるべきものとは

前項では、妊娠中の食事で避けたい食べ物や飲み物についてお伝えしてきました。

そこでここからは、逆に妊娠中に食事から取り入れるべき食べ物をいくつかご紹介していきますね。

ブロッコリー

妊娠初期になると、赤ちゃんが成長するためにたくさんの葉酸が必要となります。

そこでブロッコリーを食べると、葉酸の働きで細胞分裂や血液量の増加を効率的に行っていくことができますよ。

葉酸は赤ちゃんの成長に欠かせない成分なので、ぜひブロッコリーなどを使った料理を食事に取り入れてみてくださいね。

納豆

女性ホルモンの分泌を促進する働きがあるイソブラボンは、納豆に多く含まれています。

また、その他にもビタミンBが含まれていることから妊娠中の赤ちゃんとお母さんに必要な栄養素を摂取していくことができますよ。

さらに女性ホルモンの分泌量が上がることでホルモンバランスが整いやすくなるので、妊娠中の方だけでなく妊活中の方にもおすすめの食品となっていますよ。

玄米

妊娠中は通常よりも便秘になりやすくなります。

便秘になると常にお腹へ便が溜まっている状態となるため、気持ちも晴れなくなってしまうものですよね。

しかし玄米にはたくさんの食物繊維が含まれていて、便秘の悩み解消につなげることができますよ。

ただし玄米は消化されにくいという特徴があるので、食べる時には意識して噛みながら食べると消化を良くすることができます。

妊娠している間の食事で気を付ける必要がある3つの注意点

最後に、妊娠している間の食事で気を付けるべき注意点を3つお伝えしていきます。

妊娠期間中を安全に過ごしていくためにも、以下のようなことを心がけながら食事をしてみましょう。

なるべくバランスの取れた食事をする

妊娠中は栄養バランスが取れた食事をしなければいけません。

赤ちゃんの成長には、たくさんの栄養素が必要だからです。

また、偏った食事をして食べ過ぎを繰り返してしまうと、妊娠中の高血圧や糖尿病につながりやすくなってしまいます。

そうなると安全に出産をすることが難しくなったり、糖尿病に限っては赤ちゃんが必要以上にお腹の中で大きくなってしまったりします。

このようなことを避けるためにも、バランスの良い食事を心がけて赤ちゃんを出産する日に向けて準備を整えておきましょう。

糖分と塩分の摂取を抑える

妊娠時は糖分や塩分の摂取量にも注意する必要があります。

塩分や糖分を抑えた食事をすることで、妊娠中の高血圧や糖尿病の予防をすることができますよ。

さらにそれ以外にも、糖分や塩分を減らしておかずの味を薄く仕上げると食べ過ぎを防ぐことにもつながります。

ちなみに塩分を控えるには、レモンや酢を使ったり、香りを楽しめるダシなどを活用するのもおすすめですよ。

食べ過ぎてしまわないようにする

つわりで食欲がわかない方や妊娠中期から後期にかけては、食事を複数回に分けるのがおすすめです。

こまめに食事を取ることで、糖尿病にかかる原因となる血糖値の上昇を避けることができたり、空腹から来る食べ過ぎを防いで体重を安定させやすくすることができますよ。

少なくても1日3食から5食くらいに分けて食事をしてみてくださいね。

まとめ

妊娠している間はどうしても食事に困ってしまいますよね。

初めての妊娠ならなおさら、どのような食事をしていけばいいのか分からないものだと思います。

赤ちゃんを無事に出産するためにも危険な食べ物や飲み物は避けたいと思っているお母さんもきっと多いはず。

そうした時に、ここでご説明したことが少しでも役立ってくれたら幸いです。

妊娠中の食事に気を付け、元気で健康な赤ちゃんを出産してしまいましょう。

妊娠判明!!禁煙しなければいけない本当の理由とは?

妊娠前に喫煙の習慣がある場合、妊娠を計画した段階、あるいは妊娠が判明した段階で禁煙は絶対条件となります。

そんな~、と、悲痛な声をあげているそこのアナタ。気持ちはわかります。それがタバコであろうが、ガムであろうが、あるいは、息抜きで食べるアイスクリームであろうが、好きな物を取り上げられるのは悲しい事です。

しかし、お腹に命を宿したのですから、やはり禁煙は譲れない事。これからご紹介する内容を読んでみてください。そして、ご自分がお腹の赤ちゃんになったとするならば、その時にママになんとお願いするのか、考えてみましょう。

【妊娠すると禁煙しなければいけない本当の理由】

 《タバコの害について》

(発がん性物質のカタマリであるタバコ)

タバコ=がん。もう定番化しているフレーズです。その定番化してしまった事がいけないのでしょうか?

 

定番化して、その言葉に慣れてしまったがために、危機感が無くなっているように思えるのです。特に喫煙している人の反応がそう感じさせることがあるのです。

 

しかし、そのフレーズに慣れてしまったとしても、タバコの害がなくなったわけではありません。

 

(タバコが原因/命に係わる病気の種類)

タバコが原因のがんといえば、“肺がん”と答えたくなりますが、実は肺がんだけではなく、他にもタバコは多くのがんの原因となっているのです。

 

例えば、舌や歯肉など口の中にできる口腔癌、喉にできる喉頭がんなどがそれに該当します。

 

タバコが原因の命に係わる疾患には、がん以外にも心筋梗塞・脳卒中などがあり、それ以外にもたくさんの疾患を招いているのが、タバコなのです。

 

(喫煙が周囲に与える影響)

タバコの害は、喫煙者本人以外にも周囲の家族、喫煙者本人が妊娠している場合にはお腹の赤ちゃんにまで及びます。

 

副流煙の害ともなると、喫煙者本人よりも、周囲の害が大きくなります。タバコは迷惑以外のなにものでもありません。

 

(子供に及ぼす影響)

タバコが子どもに及ぼす健康リスクはとても大きく、その病気の種類は数えきれないほど。目のかゆみ・くしゃみ・鼻水・鼻づまりなど、比較的軽い病気から、頭痛・吐き気・のどの痛み・せき・喘鳴・アレルギーの悪化など、辛い症状に陥る病気も多数あります。

 

病気の程度は関係なく、子どもが苦しんでいるという事は忘れてはいけません。

 

(おなかの赤ちゃんに与える影響)

ママが喫煙、あるいは家族が喫煙し、ママがその影響をうけている場合、子宮外妊娠・流産・前置胎盤など、妊娠の状態に問題が発生するリスクが高くなります。

 

また、お腹の赤ちゃんの状態にも大きな影響を与え、口唇口蓋裂・四肢短縮などの先天性異常の発生リスクが高くなることが分かっています。

 

あるいは、タバコの煙の害がお腹の赤ちゃんにまで及び、おなかの中の赤ちゃんに十分な酸素や栄養素が届かなくなるなどの影響があります。そして、それが臓器の形成に影響を与え、肺がきちんと形成できない等の問題、あるいは神経伝達への欠陥が起こるなどの問題を引き起こしています。

 

そして、赤ちゃんが生まれた後でも、そのリスクは付きまとうのです。その代表的な事例に、乳幼児突然死症候群(SIDS)があげられます。

 

これは、元気に生まれた赤ちゃんが、なんの前触れもなくある日突然亡くなるといった怖い病気です。この病気の原因はまだ解明されていませんが、タバコの害が影響している事が指摘されています。

 

それは、この様に考えられています。

 

赤ちゃんがママの体内で育つ過程で、何らかの原因によりタバコの害にさらされてしまった→その結果、肺の形成と神経の伝達物質に何らかの問題が生じた→それに気づかないまま、出産の日を迎え→無事出産→そのまま成長→ある日うつぶせで寝てしまった→眠っている時、息苦しいはずが、神経伝達に問題が生じているためにそれを感じ取ることなく眠り続け→窒息して亡くなった。

 

これが、今医師の間で考えられている原因なのです。これに関しても懐疑的な考えを示す人もいますが、両親が喫煙者の赤ちゃんと、そうでない赤ちゃんの乳幼児突然死症候群(SIDS)の発症率には5倍程度の開きがあるのです。

 

この数字を充分な裏付けとみるのか、ただの偶然で済ませるのかは、禁煙するべき立場にある人の良心に任せるほかありません。正しい判断に期待します。

参考サイト様:葉酸のすすめ!おすすめ出来る葉酸サプリをランキングで紹介

【まとめ】

タバコの害はもう疑う余地のないほど明確になっています。しかし、一度喫煙を始めてしまった場合、どうしてもやめられない!!そんな場合には、迷わずに医師に相談しましょう。本当に辞める意思を持っていれば、躊躇なく相談できるはず。

 

と、人生の中で、喫煙経験が2度ほどしかなく、その度に貧血を起こし、“私の人生にタバコは必要ない”と思えた私には禁煙の大変さは正直全くわかりません。

 

しかし、お腹の赤ちゃんを危険にさらす事は、どんな理由があっても避けてほしいと願うばかりなのです。

 

禁煙は大変な事だからこそ、実現出来たら価値があるのです。そう考えて、頑張ってみてください。